フリーランス(在宅ワーク)の妊娠初期の働き方

2014.02.11 妊婦期のフリーランスの働き方

妊娠初期とは妊娠の1ヶ月〜4ヶ月のことを言います。
この時期は、まだ妊娠していることに気づかないことも多く、つわりや眠気など体の変化も少しずつ感じるようになります。

妊娠初期は赤ちゃんにとっても急成長する一番大事な時期とも言われています。
決して無理をしてはいけない時期。
そんな妊娠初期に実際わたしが経験した、フリーランスWebデザイナーの働き方をまとめてみました。

妊娠2ヶ月のフリーランスwebデザイナーの働き方

妊娠に気づく(検査などで分かる)のは妊娠2ヶ月。
でも体の変化はあまりありません。
その為、普段どおりに生活をしている人が多い時期です。

ただ、この時期に、妊娠だと気づかずに無理をしてしまって出血になり、
後悔することになってしまうこともあります。

フリーランスだった私も、妊娠2ヶ月は打ち合わせは控えて、なるべく家でお仕事をするようにしていました。
風疹などの流行する病気も、妊娠初期に感染してしまうと赤ちゃんに影響が出てしまいます。

妊娠3ヶ月のフリーランスwebデザイナーの働き方

つわりがはじまりました。

つわりとは、赤ちゃんの成長に伴い、船酔いのような吐き気やめまい、体の火照りや頭痛があります。
私もつわりが激しく、この時期は家事さえ手につきませんでした。

まず、外での打ち合わせはお断りしていました。
あらゆるニオイで嘔吐してしまうからです。

そして、ずっと横になっていました。体がだるく、火照っていて、めまいがします。
パソコンに向かうと、さらに気分も悪くなる。最悪の状態でした。

本当に地獄のような毎日…
もちろんお仕事もできませんでした。

幸い、この時期にお仕事が無かったのが良かった、、

ただ、誰もがつわりがあるとは限りません。
私も一人目の時はつわりを一切経験しませんでした。

「妊娠初期は無理はできない」と、覚えておくと良いでしょう。

妊娠4ヶ月のフリーランスwebデザイナーの働き方

少しずつお仕事を再開!
無理の無い範囲でパソコンに向かうようにしました。

お仕事できる時間は1日3時間程度。
あとはリラックスして過ごしていました。

横になっているときに活躍するのがスマフォでのお仕事。
メール返信やスケジュール調整はスマフォがあれば十分お仕事ができます。
わざわざパソコンをつける必要もありません。

そして、ノートパソコンがあれば持ち歩いて、部屋の好きな場所で仕事ができます。
私はよくベッドでお仕事をしていました。

安定期と呼ばれる妊娠5ヶ月まであと1ヶ月。
安定期になればお打ち合わせやイベント・勉強会にも参加できます!

その他の妊婦期のフリーランスの働き方