フリーランスWebデザイナーの産後4ヶ月の働き方

2014.02.24 育児とフリーランス奮闘記録

早いもので娘も4ヶ月。
私も出産から4ヶ月が経過しました。

4ヶ月になると益々しっかりしてきて、いろんなものにも興味を持ち始めます。
目の前にあるものをじーーーと見ては、大きな音に反応して泣いたり、自我もどんどん芽生えてきます。

赤ちゃんの欲求が出てくると同時に、パソコンに向かえる時間も限られてきます。
そんな娘と私の産後4ヶ月の働き方をまとめてみました。

お仕事する時間は赤ちゃんが寝ている時間だけ

昼間はほとんど起きるようになりました。
寝たとしても30分〜2時間程度。
毎日バラバラの睡眠時間ですが、昼間に起きて夜にぐっすり寝るというリズムになってきます。

そのため、昼間に集中してお仕事をすることが難しくなってきました。
パソコンを起動した途端に起きて泣き出したり、寝たと思って仕事をはじめたら10分ですぐ起きたり…
とにかく集中できません。

お仕事をする時間は赤ちゃんが熟睡できる夜だけ。
メリハリをつけてお仕事をすることで、集中力も高まりストレスも溜まりにくいと思います。

夜に頑張った分、お昼は赤ちゃんに添い寝。
ゆっくりまったり、赤ちゃんと共に休むようにしましょう。

 

産後4ヶ月のママの体

産後4ヶ月にもなると、ママの体は産前にだいぶ近づいてきます。
あれほど、パソコンをすると目疲れが酷かった産後直後が嘘のよう。最近はあまり目疲れも気にならなくなりました。
骨盤も固定されてきたので、腰痛もなく長時間、椅子にも座ることができます。
また、腰痛も無い(個人差があります)のでお打ち合わせにもどんどん行けるように。
産前のような身軽さを感じるようになってきました。

 

どんなお仕事も前向きに受けれるように

産後3ヶ月までは
「今、このお仕事受けて大丈夫かなぁ…」
なんて少し不安になる案件もあったのですが、夜だけお仕事を集中してするようになってからは、どんなお仕事でも前向きに受けるようになってきました。
おそらく、集中できる時間を確保したからだと思います。

でも要注意。赤ちゃんによっては、夜泣きがはじまる子もいます。
昼はぐずぐず、夜も夜泣きだと、お仕事はもちろんできなくなります。
4ヶ月も赤ちゃんの様子を見ながら、ママもまだまだ無理をせずに!
充実した時間を過ごす為にも自分に合ったお仕事を選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss