産後1ヶ月でお仕事復帰

2014.01.04 育児とフリーランス奮闘記録

フリーランスとして思いっきりお仕事をした妊婦期。
そして、感動の出産を終え、新生児も卒業した産後1ヶ月。
まだまだ体は万全ではありませんがお仕事を少しずつ復帰しました。

産後1ヶ月でお仕事復帰できるのも、お家でお仕事が出来るフリーランスの良いところです。
ただ、まだ産後の体は無理をしてはいけません。
自分の体調を理解しながら無理なく、少しずつはじめることが大事だと思います。
私が経験した、産後のお仕事復帰で注意すべきことや知っておくと役立つことをまとめてみました。

産後はすぐに目が疲れる

出産を終えた女性の体は産後3ヶ月は経過しないと完全に回復しないと助産師さんに言われました。
確かに、産前に比べて関節があちこち痛むし疲れやすい。

webデザイナーは激しく動くようなお仕事はないので、比較的、産後すぐにお仕事をはじめやすいと思いますが、一番気をつけないといけないのが目の使いすぎだと思います。

びっくりするくらいに目が疲れやすいです…

妊婦期には一日パソコンをしていても疲れなかったのに…
産後は1時間でも目が重たくなり、目から肩凝り、首凝りがあり頭痛になる。

昔の人は、「産後1ヶ月はテレビも見てはいけない」と言ったほどなんですよね。
無理は禁物だと、実際にお仕事をして気付きました。

今は大丈夫!って思っていても、更年期に体にひびくこともあるみたいです。
産後復帰した時は、こまめに目を休めてあげて、首のストレッチは欠かさずしていました。
それだけで、育児にも負担がかかることなくお仕事をできたと思います。

生後1ヶ月の赤ちゃんとママの時間

生後1ヶ月の赤ちゃんはまだまだ寝ている生活が中心なので、お仕事をする時間は多くとれるように思いますが、夜中と昼間の区別がまだついていない時期でもあるので、夜中も3 時間おきの授乳。ママは育児にも体力を使う時期です。

お仕事はほどほどにしなければ、ママの体がもたない時期です。
まだ生後1ヶ月のお仕事は10%程度のお仕事しか受けないようにしましょう。

実際、私も10%のお仕事でも「やっとできる」といった感じでした。
赤ちゃんのお世話もあり、集中してまとまった時間をとることが出来ないので、1案件を終わらせるのも、通常より倍、時間がかかってしまいます。

長期スケジュールのお仕事は控えるべし!

産後1ヶ月。赤ちゃんはほとんど寝ているので、復帰も大丈夫かな…なんて思うのはまだまだ早いです。
子育てとお仕事をうまく両立させる為に2ヶ月、3ヶ月先の赤ちゃんの成長もちゃんと頭に入れておきましょう。

寝てばかりいる1ヶ月から、知恵がつきはじめてくる2ヶ月。
首がすわって昼と夜の区別がついてくる3ヶ月。
どんどんお仕事がしやすくなると思いがちですが、それは逆です。

知恵がついてくると赤ちゃんにも「要求する」ことも多くなります。
抱っこしてほしい!おっぱいがほしい!遊んでほしい!
泣くこともぐずることも多くなります。

webデザイナーのお仕事は集中して取り組むことが大切なので、「集中できる時間」がなかなかとれなくなってきます。
産後1ヶ月で長期にわたるようなお仕事を受けてしまうと、大きな負担になることがあるので気をつけましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss